どんな種類があるの?

スピリチュアルコーチング

スピリチュアルコーチングを仕事にするには、まず、スキルを身につけなくてはなりません。スピリチュアルなスキルは、学ぶことで、誰でも磨くことができます。では、実際に、どれだけの種類があるのか、見て行きましょう。スピリチュアルコーチングは、これから、間違いなく、たくさんの人に受け入れられることでしょう。たくさんの種類がありますが、一番わかりやすいのが、癒し系のボディワークです。マッサージのように、クライアントの身体に直接、触れて行います。人気があるのが、「アロママッサージ」です。精油を使ってマッサージをします。最近では、ごく普通のマッサージ屋さんでも行っています。アロママッサージでは、ダイエット、身体の痛みをなくすこと、眼精疲労をやわらげること、リンパを流すこと、頭をすっきりとさせること、などの効果があります。使う精油によって、効能が違うので、様々な症状に対応できます。この他にも、人気があるもので、「経路マッサージ」というものがあります。経路とは、身体の中の気の通り道のことです。よく、ツボを押して、凝りや疲労をほぐしますが、それは指圧と言います。経路マッサージは、凝りや疲労をほぐすために、気の流れをよくします。経路マッサージは、東洋医学からきていると言われています。また、マッサージはしないで、気を流す癒し系ボディワークに「霊気」があります。霊気は、クライアントの身体に手で触れて、気を流します。クライアントの気を流してあげるのです。そのことによって、身体の痛みや、気の流れが滞っているところを軽くしてあげます。また、スピリチュアルコーチングの他にもスピリチュアルカウンセリングというものも有ります。スピリチュアルカウンセリングはスピリチュアルコーチングとは少し異なるそうですので気になる方は調べてみてもよいでしょう。

仕事にしたら、一日はどんな過ごし方になるの?

サロンやお店で仕事をする場合は、普通のОLさんたちと、それほど勤務時間は変わりません。一日の仕事は、お掃除やお清めから始まります。

一日はどんな過ごし方

高次元をお呼びするためのエネルギーの神殿(聖域)をつくります。つまり、神聖な空間をつくるのです。その後で、朝礼をします。ただ、一日の予定を確認するという一般的なものだけでなく、スタッフ全員の意識や気持ちをシェアするための時間をつくります。それぞれのスタッフが、新鮮な気持ちで、一日をスタートさせるためです。ここで、スタッフは、神聖な自分を感じる時間もつくります。人気が出てくると、一日の間に、多数のセッションの予約が入ります。セッションだけでも多忙ですが、予約が入っていない時間帯は、サロンのスピリチュアルグッズやクリスタルの販売もします。また、他の仲間と、交代で休憩をとったり、メールマガジンやブログを書いて発信します。個人で、自宅兼サロンにしているような人は、自分でスケジュールを管理したり、サロンの宣伝をすることも必要になってきます。その場合、まずは自分を知ってもらうことが重要です。ブログやフェイスブックなどのSNSを活用するといいでしょう。また、セミナーや、お茶会などのイベントを企画したら、会場の予約や下見もしなくてはなりません。集客のために、動くことも忘れないで下さい。ブログやフェイスブックで告知もしましょう。また、個人的にメールアドレスを知っているクライアントには、メールも書きましょう。個人で自宅をサロンにしているような人は、こうした作業を一人ですべてこなす人もいます。が、自分の苦手な分野は、パートを雇って担当してもらう人もいます。また、個人で仕事をしている人も、仲間とコラボ企画をすることで、クライアントを増やしていくという方法もあります。